ホームページ制作/SEO対策なら株式会社サイバーブレーンへ

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

 2017-05-01

googleがhtml構造を重要視しなくなった理由と構造化の重要性

今までgoogleはサイト制作の専門性を求めていた!

ホームページはHTMLという言語を使って作られています。
HTMLとは構造化言語と呼ばれていて表示するテキストや画像がページでどの役割を果たしているかを記述します。

例えば下の例では重要なタイトル2つと段落のテキストを記述しています。

<h1>重要なタイトル</h1>
<br><h2>次に重要なタイトル</h2>
<br><p>段落のテキスト</p>

重要なタイトルである

はページでいちばん重要なタイトルを表しています。
今までのSEOではは1つのページで1つしか使わないというのが1番効果が高いと言われていました。
しかし最近ではhtmlの構造を理解して使えば何回でも使って構わないと言われています。

googleは専門的なhtmlを重要視しない方針へ

いままでSEOではhtmlの構造化が非常に重要とされていました。
サイト制作者のプロはhtmlの構造化を意識してサイトを組み立てていきます。

googleも構造化されたhtmlを元にサイトの価値を評価していました。

しかし今後googleは構造化されたhtmlの重要性を下げる方針を発表しました。

ホームページの価値を構造化から内容重視に

googleのアルゴリズムの能力が向上した事によりページがどのような構造になっているかを自動的に判別出来るようになったことがhtml構造化の重要度を下げた理由だと言われています。
その結果最も重要になるのがホームページの内容、つまりコンテンツになります。
内容の充実こそがサイトの価値を高める効果的な手段なのです。

それでも構造化を理解しないといけない理由

htmlは構造化言語です、タイトルがあって本文がありで構成されています。
htmlでページを作っていけば自動的に構造化されたホームページが出来上がります。
googleが構造化の重要度を下げた理由は逆に言えばgoogleがページの構造を理解でききるくらい賢くなったからです。
結局はgoogleも構造的にページを判断しているのです。
ということは初めからしっかりと構造化をして作れば確実にgoogleにページの意図を伝えることが出来るのです。

結局「構造化」を意識すれば価値の高いホームページが出来上がる

構造化のいちばん重要な構成はタイトルがありその内容を伝える文章があると言う構成になります。
googleが価値のあるサイトと判断するいちばん重要な要素は価値のあるサイトかどうかです。
読みづらいページは価値のあるサイトとは言えません、やはりタイトル、本文で構成されているサイトが読みやすいサイトなのです。
結局はhtmlの構造化に沿ってサイトを作るのが1番確実に良いサイトを作る近道ということになります。
googleのアルゴリズムは常に変更を繰り返しています、どんな変化にも対応できるようにhtmlの基本から外れないことが大事であるといえます。

~この記事の著者~

ホームページ制作は経験豊富なサイバーブレーンにおまかせ下さい。

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

メールフォーム

あなたが
サイトに
求める要素
あなたがサイトに求める0要素