ホームページ制作/SEO対策なら株式会社サイバーブレーンへ

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

 2016-12-08

【どう選ぶ?】オウンドメディアに使うCMSの選び方

最近になってオウンドメディア(自社メディア)のご相談をいただくことが特に増えてきたなと感じます。 コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングといった考え方はWEB戦略の流行の一つと言えるかもしれません。 今回はご相談をいただく際に多い質問の一つ 「いったい何のCMSを使えば良いのか」という内容について 掘り下げて行きたいと思います。

そもそもCMSとは何?

CMSといえば、かの有名な「ワードプレス」を 思い浮かべる人が多いかと思います。 ここで、もう一度CMSって何なのかおさらいしましょう。

“ウェブページを作成し、運用するには、HTMLファイルや、 それを保存するディレクトリ構造などについての知識が必要だった。 コンテンツマネージメントシステムでは、技術的な知識がなくても 、テキストや、画像等の「コンテンツ」を用意できれば、ウェブによる情報発信をおこなえるように工夫されている。”

引用元:wikipediaコンテンツマネージメントシステムのページ

wikiではこのように説明されてます。 つまりは、誰もが気軽に情報発信できる環境こそが「CMS」であり その代表格がワードプレスだったりするわけですね。 ワードプレスはカスタマイズ性が高く、 多くの機能が備わっているため人気が高いCMSと言えます。 「じゃあワードプレスでいいじゃん!」と思われる方も 多いのでは無いでしょうか。 しかしその選び方は正解とは言えません。 (ワードプレスがダメといってるわけじゃないですよ) ここで一つ認識していただきたいのは CMS選びで 「機能」を基準に考えるのは間違い だということです。 大事なのはCMSを使ったオウンドメディアで あなた個人や会社がやりたいこと を叶えてくれるかどうかです。

オウンドメディアでやりたいことを整理しよう!

あなたがオウンドメディアで実現したいことはなんですか? 記事に潜在顧客をランディングさせ、自社を知ってもらい 最終的に売り上げにつなげたい!という目的はちょっと置いておきましょう笑 1どんなコンテンツを 2どこに組み込み 3誰が 4どれくらいの頻度で 更新していく予定でしょうか。 【ケース1】 1自社のニュースを 2自社サイトに 3マーケティング担当者2人が 4月2記事のペースで 更新していく場合もあれば 【ケース2】 1お役立ちコンテンツを 2別サイトとして 3外部ライター記事を使い 4月10記事のペースで 更新していく場合もあります。 ケース1の場合 ・ニュース記事というシンプルなレイアウト ・既存サイトに組み込むカスタマイズ性 ・継続・後任に引き継ぎやすい最低限の機能 などがCMSに求められ ケース2の場合 ・ある程度凝ったレイアウトが可能 ・CMSの組み込み環境に拘る必要がない ・記事のライティング予算とサイト制作費バランス など、このあたりを 中心にCMSを選ぶ必要があります。

世のCMSって何があるの?

細かいCMSの種類については かの有名なLIG様の記事にありましたので 引用にてご紹介!

“意外と知らない?サイトの更新が便利なCMSまとめ【随時更新】”

引用元:株式会社LIG

非常に分かりやすかったです。 端折ってすみません!笑 ここまで選択肢があると迷いますよね。

目的が達成できるCMSの選択を!

みなさんが今見ていただいているこの記事もオウンドメディアですが。。 ここが何のシステムで作られているかというと、自社のオリジナルのCMSです。 「オウンドメディアの選び方」を探してこちらにランディングしていただいたということは この記事を書いた目的は達成できましたね♪ありがとうございます。 少しでも皆さんの手助けになっていれば幸いです。 自社サイト用のオリジナルCMSにした理由は 更新のしやすさとオリジナルゆえのカスタマイズ性、そしてSEO効果を考えた結果です。 自社システムなので付け足しや機能追加もできますのでWEBの流行に合わせて最低限のカスタマイズを 続けていけるという点も大きいですね。 もちろんこれはうちのサイトにおける選択ですので 要はなんのCMSを使おうと、目的が達成できることが最重要ということです。 自分のサイトにあったCMSがどうしてもわからない!という方がいる場合は どしどしご相談下さい!

~この記事の著者~

CMSに関するお問い合わせ

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

メールフォーム

あなたが
サイトに
求める要素
あなたがサイトに求める0要素