ホームページ制作/SEO対策なら株式会社サイバーブレーンへ

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

 2017-03-01

ユーザーの動きをコントロールしてサイトの回遊率を飛躍的にアップさせる方法!

コンバージョン率とリピート率にとって重要な回遊率って?

回遊率とはサイトを訪れたユーザーがサイト内のページをどのくらい閲覧したかを表す度合いです。
Googleのアナリティクスでは平均ページビューで確認することができる値になります。

労力をかけて集客したユーザーの回遊率をアップさせないともったいない

SEOやリスティングに対して大変な労力や外部会社を使って集客した大切なユーザーがたったの1ページしか閲覧してくれなければコンバージョンへつなげるのは難しいくなります。
コンバージョンをアップさせるには基本的には回遊率をアップさせることが重要です!

グローバルとパンくずリストをしっかり見せて他のページを認識してもらおう

ユーザーが閲覧しているページがWEBサイト内のどのポジションかをしっかりわかってもらう必要があります。
例えば野菜ジュースを調べているユーザーが野菜ジュースページを閲覧している場合、そのサイトでスムージーも売っていたとしてもはすぐにはユーザーへ伝わりません。
グローバルナビとパンくずリストでしっかりとサイト内の別のコンテンツを見せることができれば目標の情報を得られたユーザーにサイト内の別のコンテンツに興味をもってもらう確率が高くなります。

野菜ジュースのコンテンツが充実していればグローバルナビにある「ドライフルーツ」や「はちみつ」等別のコンテンツにも興味が出てきて回遊率=ページビューをアップさせることができるようになります。

目的以外のページにユーザーを誘導して回遊率をアップさせる!

目的を持って訪れたユーザーはもちろん目的を達成できれば満足するのですが、そんなユーザーに別の商品にも感心をもってもらうことが回遊率をアップさせる近道になります。

おなじみのAamazonでは目的の商品情報を確認したあとに「この商品を買った人はこんな商品も買っています」とあるのはご存知だとおもいます。
目的の商品以外の商品に興味を持ってもい回遊率を上げてコンバージョンにつなげるよに作られています。

Amazonの場合は商品写真と商品名、星の数、価格が表示されています。
この情報をもっと魅力的なものにしてユ―ザーの興味を引ければ回遊率はアップします。

例えば商品の魅力を伝えるキャッチコピーや簡単な説明文を入れてみましょう。

キャッチコピーを「美容に必要な栄養が取れるグリーンスムージー」としています。
これは商品名である必要はありません、商品の内容を正確に伝えならが魅力のある文言でユーザーの興味をひきつけましょう。

商品の説明文もちょうどいい長さのものを専用に作ると効果的です。
ユーザーがさっと読めて興味が持てるような文章にしましょう。
さらに重要な箇所を黄色いマーカーで目立たせています、こうするだけで文章にリズムが生まれ読みやすい上に重要な箇所を目立たせることが出来て一石二鳥です!

ランキングの「バンドワゴン効果」で回遊率につなげよう

{$block_img_1_alt}

ふと行列が出来ているお店に目が止まりついつい並んでしまったなんて経験があるのではないでしょうか、これが「バンドワゴン効果」です。

ランキングに入っていない商品を目的に訪れた場合でも人気商品が目に入ればその商品ページへのリンクをクリックしてみたくなるものです。

商品の場合は単純に売上をみてランキングをすればいいので簡単です。
ではECサイト以外の場合はどうでしょうか?

ECサイト以外ではオウンドメディアを活用してページビューを上げる!

サービスを提供しているサイトでは商品の使い方やよくある質問、便利なつい買い方などユーザーに必要とされる記事を作成してランキングのようなカタチで別のページへの入り口を作ってあげましょう。

ユーザーはサービスに興味が有ってサイトを訪れているので有意義な情報を手に入れたいと思っているはずです。
回遊率=ページビューがアップすれば比例してコンバージョン率もアップしますので、いかにユーザーに興味を持たせて行動に起こさせるかを考ることが重要ですね!

~この記事の著者~

動機づけ施策に関するご相談はこちら

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

メールフォーム

あなたが
サイトに
求める要素
あなたがサイトに求める0要素