ホームページ制作/SEO対策なら株式会社サイバーブレーンへ

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

 2017-07-10

ランサムウェア(身代金型ウィルス)とは!?噂のウイルスの概要をまとめてみた

ランサムウェアがなんぼのもんなんじゃい!!

サイバーブレーンの課題解決担当、もにこです。
毎日色々な企業さんのお悩みを解決して回っていますが、外部要因で解決が難しい問題も沢山あります。
それはセキュリティー対策!
沢山のWEBサイトを製作しているサイバーブレーンですが、海外からのアタックやお客様の会社のウィルス対策などなど・・・

知らない事は怖い事!対策をしていても隙間をついてやってくる!そんな脅威のウィルスについて調べてみました。

すいません。ランサムウェア(身代金型ウィルス)ってそもそも何ですか?

“ランサムウェア(英語: Ransomware)とは、マルウェアの一種である。これに感染したコンピュータは、利用者のシステムへのアクセスを制限する。この制限を解除するため、被害者がマルウェアの作者に身代金(ransom、ランサム)を支払うよう要求する。数種類のランサムウェアは、システムのハードディスクドライブを暗号化し(暗号化ウイルス恐喝)、他の幾種類かは単純にシステムを使用不能にして、利用者が身代金を支払うように促すメッセージを表示する(スケアウェア)。
こうしたプログラムは、当初ロシアで有名だったが、ランサムウェアによる被害は世界的に増大してきた。2013年6月、セキュリティソフトウェア企業のマカフィーは、2013年の第1四半期において25万個以上におよぶランサムウェアのサンプルを収集したと発表した。この数は、2012年第1四半期で得られた数の2倍以上である[4]。サイバー犯罪は金になる市場だということが周知されるにつれて、ランサムウェアのビジネスへの移行が激化し、法秩序に一層大きな課題を提示している。”

引用元:wikipedia:ランサムウェア

ランサムウェア(身代金型ウィルス)を超簡単に説明すると・・・

{$block_img_1_alt}

「君の所のパソコンは使えなくしたよ!もちろんデータもめちゃくちゃね!元通りにしてほしかったら身代金ちょうだい!ちなみにビットコイン(仮想通貨)で払ってね。払ってくれたら復元する鍵をあげるよ」

はい、これがやたらと面倒な事を言ってくるウィルスをしかけた人の言い分です。
今年に入って150カ国以上の国で被害が出た事は記憶に新しいですよね?

そのランサムウェア(身代金型ウィルス)が最近どうしたって?

2017年6月に入り、こんなニュースがザワついていました。

“自宅のパソコンでランサムウェアを作り、4月にかけて保存していた疑いがある。感染するとショッピングサイトの電子マネーを要求する内容の画面が表示されるという。

 作成に必要なデータを海外のサイトから集め、作った後は海外サイトにアップロード。任意の調べに生徒は「100人以上がダウンロードした」と説明したが、捜査ではダウンロード先は確認できておらず、金銭被害も把握していないという。”

引用元:朝日新聞デジタル:身代金ウイルス作成容疑、中3を逮捕「力試しに作った」

ランサムウェア(身代金型ウィルス)なので、払っても元通りにしてくれる保証はありません。

未成年でも作れるウィルス!!!
怖いですね・・・

企業のセキュリティー対策は大丈夫?

「うちの会社は大丈夫!」
と、声を大にしていえますか?
どこの会社でもセキュリティー対策が万全というわけではなさそうなので、対策についてまとめてみました。

{$block_img_1_alt}

 

対策その① バックアップは2つ!

大事な情報はセキュリティ対策のキチンとしたクラウドと、外付けハードにバックアップをとる!
企業によっては毎日、週○回等のルーチンに。

対策その②プログラム更新はマメに!

セキュリティーソフトや、OSの更新、ブラウザのバージョンアップはマメにやっておきましょう。
ウィルスはソフトウエアの弱い所(脆弱性)の隙をついてきます。

対策その③ 出どころの不明なメールの添付ファイルは開かない!

だれ?この人知らない等、出どころの良く分からないメールは開かない。
そんな人から送られた添付も開かない。
まして「ここみて!」みたいなURLは開かない。

対策その④ ①~③までをデータを共有する社員に徹底教育

企業によっては外部とのネットワークが出来るPCと社内だけの情報を扱うPCに分けている所もありますね!
ネットのリテラシーが高い人ばかりがいるわけではないので、新入社員であっても中堅社員であっても①~③までの徹底はマストです。

「もう面倒!払って済むなら払う!」はちょっと待って!元通りにしてくれる保証はありません!

{$block_img_1_alt}

困った時に頼れるプロフェッショナルはいますか?

大手企業ならIT部門がトラブルシューティングをしてくれるでしょう。
しかし、IT部門を抱えられる大手だけが企業ではありません。

もしもの時の頼れるプロフェッショナルはいた方が確実!

とくに、データの復元ともなると、データベースを含む物があれば復元が難しい物もあります。
頼れるかかりつけのプロフェッショナルにいつでも相談できるようにしておきたいですね!

~この記事の著者~

セキュリティ対策に関するご相談はこちら

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

メールフォーム

あなたが
サイトに
求める要素
あなたがサイトに求める0要素