ホームページ制作/SEO対策なら株式会社サイバーブレーンへ

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

 2017-11-30

リンクは人のためならず - コンバージョンアップの小技

被リンクを沢山もらえれば順位が上がるから相互リンクを増やそう?

{$block_img_1_alt}

SEOの黎明期にはそんな小手先のテクニックで上位表示が出来た頃が有りました。もちろん、現在ではこんな技は通用しませんし、現在は非公開ですがPageRankやリンクジュースというアルゴリズムが登場してからは、外部対策は被リンクの本数ではなく、よりコンテンツとして信頼度の高いサイトから「リンクを張ってもらう」質の高さに取って変わりました。

何のためのリンクなのか

「情けは人のためならず」とは本来「情けをかけるのはその人のためにならないので良くない」…ではなく、「情けを人にかけておけば、巡り巡って自分によい報いが来る」という意味です。

参考)コトバンク

さて、リンクも同じく「巡り巡る」のものでしょうか。

例えば先に引用にて挙げた「コトバンク」へのリンクのように「自サイトで補えない情報」や「情報の引用」の際にサイトのリンクを張ることが有ります。これにより、訪問してきたユーザーがその情報の元を確認できたり、より深い知識を得られることに繋がります。

また、サイト内の構造を分かりやすくした「パンクズリスト」、サイト内のメニューを見やすくする「グローバルメニュー」など、本来のリンクとは「ページを行き来しやすくする」ための機能です。リンクは適材適所で活用することで、訪問してきたユーザーに対して適切に情報を与え、適切に導線を渡すことで利便性を与え、離脱率を下げることができます。

ユーザビリティとしてのリンク

最近ではスマートフォン向けサイトのタグとして
<a href="tel:0359615681">03-5961-5681</a>

のようにタップすると電話が出来る機能もあります。リンクは従来よりもさらに高機能なユーザビリティを提供しています。これにより問い合わせ数やコンバージョン率がアップするケースも有ります。

例えば、電話番号を固定リンクとしてブラウザをスクロールしても位置を固定しておくことで、より効率的に問い合わせに繋げることも可能です。また、時間帯によって電話受付が可能な場合は「電話番号リンク」、時間外の場合は「問い合わせフォームへのリンク」のように切り替えておくと、電話問い合わせユーザーの期待を裏切ることなく、柔軟な対応が可能になります。

「リンクは人のためならず」です。SEOのために外部リンクや内部リンクを意識することも必要ですが、自サイトや自社商品への還元のためにも、今一度サイトのリンク構成を見直してみるのはいかがでしょうか。たった一つのリンクの見直しがユーザーの利便性を上げることで、大きな効果をもたらしてくれるかもしれませんね。

{$block_img_1_alt}

 

関連記事)ユーザーの動きをコントロールしてサイトの回遊率を飛躍的にアップさせる方法!

~この記事の著者~

コンバージョンアップに関するお問い合わせは

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

メールフォーム

あなたが
サイトに
求める要素
あなたがサイトに求める0要素