ホームページ制作/SEO対策なら株式会社サイバーブレーンへ

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

 2019-03-22

ドローン空撮動画を活用したサイト作成事例 - ホームページ制作事例

ドローンによる空撮動画を活用したサイト作成 - ホームページ制作事例

最近ニュースでも話題ですが、物流や農業など多方面でドローンを活用したサービスやビジネスモデルが増えてきています。コスト削減や効率化など様々なメリットが享受出来ることが理由ですが、サイト作成においてもその空撮動画を使ったメリットがあります。

今回はドローンを使った「空撮動画」を利用したサイト作成についてご紹介いたします。

サイトの訴求力アップのためのドローン空撮動画

中古トラック総合ディーラー 株式会社 共栄自工様ではアイキャッチ(ページのヘッダー側にあるファーストビューで見える画像部分)を空撮動画にすることで、訴求力が加わっています。

通常のハンディカメラなどでは難しいスケール感や規模感を出したい場合に効果を発揮します。

サイトを訪問するユーザーに対して、ドローンを使った空撮動画はインパクトを与えてくれます。以前であればヘリコプターなど有人航空機でなければ難しかったものが、ドローンを活用することでより気軽にサイトにダイナミックな表現力を与えてくれます。(撮影協力:ドローンスクール/ドローン空撮 タジマ建設株式会社

ドローンの空撮動画がサイト作成に活用されるまで

{$block_img_1_alt}

実際のサイトに空撮動画が貼り付けられた状態になるまでには
・空撮動画の撮影
・動画編集
・アップロード
・サイトコーディング
の手順が必要です。(打ち合わせ等細かい手順もございます。)

また、サイト作成にあたっての動画をどのように撮影するか等、撮影イメージとサイト作成イメージの擦り合わせが必要ですので、ウェブデザインとドローンパイロットとの調整も必要です。

これらの過程を経ることで、インパクトの有るドローン空撮動画をサイトに活用することが出来るようになります。

法律による制限

ドローンで空撮を行う場合は各種法令の制限があります。飛行エリアや高度/許可制度など「国土交通省」ではその飛行ルールを公開しています。

また、実際のドローンでの空撮にあたっては天候などの諸条件に加えて、目視とモニターによる同時確認が必要なため最低でも2人以上の立ち会いが必要など、操作にあたっての知識も必要ですので、ドローンの有資格者による撮影が求められます。

{$block_img_1_alt}

 

ドローンによる空撮動画がサイトを変える

今回はプロモーションビデオとしてのドローン空撮動画の活用事例でしたが、例えば
○不動産サイトで「物件のドローン空撮動画を撮って自社サイトで宣伝」
○建設業サイトで「案件をタイムラプス機能などドローン空撮動画を使って進捗報告」
○リクルートサイトで「自社施設やスタッフのドローン空撮動画を使って雇用促進」
○旅行サイトで「施設やサービスのドローン空撮動画をアップしてPR促進」
など、様々な活用が可能です。

今後5G回線などインフラが強化されていくことで、動画によるアピール方法は益々増えていきます。もちろん、外部向けのウェブサイトとしてだけでなく、内部の管理システムとしての活用も可能です。

ドローンによる空撮動画は、ウェブサイトにさらなる未来を与えてくれます。

~この記事の著者~

ドローン空撮動画、サイト作成に関するお問い合わせは

 03-5961-5681 平日10:00~19:00

メールフォーム

あなたが
サイトに
求める要素
あなたがサイトに求める0要素